カレンダー
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
検索
カテゴリー
  • カテゴリーなし

生体科学の力

どのような機械にも部品がそれぞれ存在し、部品加工の際やメンテナンスの際にはそれらを洗浄する作業も出てきます。部品加工の過程や動作の過程において、潤滑油や切削油などの付着はつきものです。それを洗浄する際は従来強力な石油系洗剤が使用されていましたが、環境のことを考えると限界があったことも事実です。

そこで登場したのがバイオサークル。これは、従来のように無理やり油汚れを落とすものではなく、バイオ(生分解)の力で汚れを分解しようという機器です。ドイツのバイオサークル社が開発した商品であるため、この商品名がつけられています。

バイオサークルは、酵母菌によって頑固な油汚れを分解するだけではなく、さび汚れを落とすのにも有効です。さびてしまった部品もきれいにすることができ、洗浄液の使い分けも不要。さらに、生分解のシステムを利用しているため、落ちた汚れは液体内で全て分解されて残りません。つまり、廃液を出すことなく繰り返し洗浄液を使用することが可能なのです。

これにより、大幅なコストカットにもつなげることができます。その都度薬液を購入する必要がないのです。このように、環境にも優しくコストもかからない夢のシステムがバイオサークルです。部品加工にかかる洗浄には欠かせないものとなるのも遠い話ではありません。

部品加工を行っている工場の方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。部品洗浄の常識が変わります。

OUT LINK

バイオサークルについては:バイオサークル